スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドローン・インパクト・チャレンジに行くんだが

11月7日(土)に千葉で開催される「ドローン・インパクト・チャレンジ」に行くことにしました。パイロット参加ではなく、見学参加ですが。

テクニックが無いんですよ。操縦者のFPV周波数のアマチュア無線局はあるんですけどね。
なので、250クラスに出場はできるんです。が、しかし、FPV操縦のテクニックがだめだめです。
どうやったらあんなに飛ばせるのか。高度がわかんないんです。あと、カメラの視野角。狭いとまるでどこにいるかわからない。
ロングレンジで飛ばしたこともないので、機体ロストする可能性もあるわけで。

というわけで、見学参加して、廻りの機体を見せてもらったり、テクニックはどうだとか、コミュニティに入り込んだりと。そういう目的で行くわけです。

すでに航空券は予約済み(LLC)。現地レンタカーも予約した。宿も予約した。
あとは家から関空までのバスの予約のみ。

で、旅の工程表と連絡先まとめの作成。要するに旅のしおりを作らないと。
計画書ともいうな。

ああ。あとはお金をなんとかしないと行けない。

スポンサーサイト

5750MHz 1Wの局免許状が届いたわけだが

マルチコプターでFPVするためにね。
前から技適通過の処理してたのだ。

TSSから技適通過のpdfが届いて、それで電子申請したら1週間しないうちに、免許できたで!!と通知がありました。

んで、封筒おくったらすぐに局面が届きました。

これでアンカバーしなくてすむねぇ。

これで私の免許はHF~SHFまでカバー出来るようになりました。
残念ながらLFはカバーしておりませんが。

 

マルチコプターはというと、ARRIS X-SPEED250のフレームがボロボロになってしまって、保守パーツだけじゃ直しきれない状態になっちゃったので、type Bを注文した訳ですね。既に届いてて、組立時間を確保しないとダメな訳です。ESCとブラシレスモーターもそろえ直しましたし。電装基板にバナナプラグのリード線を付けるところからですな。

あと、ZMR250にFPVシステムを付けたりして。これでFPVは2機種になるわけです。

FPV録画システムもATV電波をSDカードに録画出来るようにパッケージング中です。今のところキノコAntennaなので、ゲインが低いです。八木アンテナを作ってハイゲインにして、安定した録画できるようにしようかなと。波長からしたら割り箸で作れそうなサイズですしね。パラスタックにしてもOKかな?

システムの系統図とかダイアグラムとか書いて紹介したいのですが、時間がなくて・・・ツールもないですし。なにかいいツールないですか?ポンチ絵ツール。

 

まぁ。そんな感じでなんとかなっていっているわけです。

 

そのうち、動画のせますねー。

マルチコプターですが

ARRIS X-SPEED250とか、ZMR250とか今は2機体。

X-SPEEDにはFPVカメラ付けて、5.8GHZの技適所得+アマチュア無線局にして、まだ飛行訓練中。

ZMR250のが安いからそっちで本格的な飛行訓練。
完熟飛行はX-SPEEDでFPV訓練に移行。

 

モード2で練習中ですが、最初のトイマルチコプターがモード1だったので、癖がなかなか抜けない・・・

ユンボの操縦と同じですなぁ。最初覚えたのがデフォルトになるっての。モード2のがFPVで一般的だとか有利だとかいろいろ言われてるけど、実感がないんのん。

シュミレーターも手に入れたから徹底的に訓練するのん。

実機のプロポもモード1、2共にあるから(設定は変えないといけないけど)、実機でもどちらが向いているかまた試してみるのん。

まぁいずれかを選択しないといけないんで、

なんとかしないといけないのん。

arris FPV250 の仕上り具合

ほぼ組み上がってます。
しかしプロポからの操作でモーターが動きません。
OpenPllotのアプリではプロポ入力、モーター出力共に、
単体試験はおこなってOKなんですがねぇ・・・
なにかリンクさせる項目があるんですかね。
難しいなぁ。

あと、FPV用のカメラがなんかオカシイ。写らない。
トランスミッターはちゃんと動いているみたい。モニターは
真っ黒くろすけになる。いわゆるNTSC(PALかも)の無信号状態だな。

このあたりが実現しないと試験飛行ができないんだよなぁ。

うーん。うーん。うーん。

マルチコプターの自作の知識吸収

マルチコプターの追加部品、着々と到着しております。あとはサーボテスターとか、プロポとか。プロペラバランサーとかも必要ですなぁ。
電気系配線については理解。ESC(electoric speed controler)の動作原理と、インターフェースと内部処理もわかった。だから12Vから5V電源が作れるのね。
ブラシレスモーターの扱いもわかった。簡単にいうと、三相かご形電動機と一緒なのね。これをDC-INV(PWMと同義)でvvvf制御するんだね。
リポバッテリーのバランス充電とか20C放電、1C充電の基本は前から知識あったからOK。
これからは電気系統のシステムをくみ上げる。モーターのリード線先端はバナナプラグ2mmでとか。ラジコン界の常識もなんとなく吸収出来てきたがする。
フライトコントローラーの配線も理解した。S.BUS制御の事も理解できた。模擬的にPCに接続したら6軸センサーがグリングリンまわるconfigソフトウェアもだいたいわかった。
GPSの追加や気温、高度、電池残量などをテレメトリーでプロポ側に表示させるのも理解出来てきた。本当はFPV画像にOSDで表示させたいけど。
FPVのカメラ-TX <-> RX-モニタの単体試験もやりたいし。
今の機体組み立ての状態で電気系統を纏めておかないと、あとでエラいことになりそうなので、直近作業を電気系に変更してすすめていくのであります。
物が物で危ないものなので、段階的に単体試験をしていかないと恐いしなぁ。おそらく600g程度の機体になる。かな?
バッテリーにもよるけど飛行時間15分はいけるな。
バッテリーから25Aも引っ張り出すのは無茶にみえるけどいいんだろうなぁ。一応バッテリーは20C定格、30Cバーストって書いてあるけど、中華製を信用してよいのかどうか・・・

って、初めての長文でした。うざかったらごめんね。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mune

Author:mune
PCを1980年(当時小学生)から、Z80、6808とアセンブラで下らないものを書き、中学生の時にアマチュア無線に目覚め、高校生でオーディオに懲り、社会人になってからPICのアセンブラで老いを感じ、中年になりオカメインコに癒しを求めている兵庫県在住の男でございます。
現在は無線はウォッチ程度。オーディオはハイエンドを目指さずお手軽に。電子工作は遠のいてます。
スマートフォンのSIMフリー機種がすきで、iphone4、Nexus one、Nexus Sと一通りです。
1泊程度でいける航空自衛隊の基地祭にぼつぼつと参加しています。

FC2アフィリエイト
カウンター
FC2アフィリエイト
サーバー・ホスティング
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。